乾燥肌にはスチーマー&スキンケアがおすすめです。

驚いている女性私は本当にひどい乾燥肌です。友達がニキビで悩んでいる思春期のときも一人ニキビとは無縁でした、。

真冬なんてなると本当に最悪なんです。頬はかさかさ、一番ひどいのはこめかみのあたりで、痒くなってしまうぐらい乾燥がひどくなります。

無意識に掻いてしまうことがあるので、何度もかいてしまって、色素沈着みたいに黒ずんでしまうんです。しかも両方です。本当に辛いんです。

スキンケアもいろいろ試しましたが、完璧に潤うことはありません。いつもどこかカサカサしている状態です。

そこで最近、スキンケアをしている間、スチーマーをつかってみることにしたんです。

芸能人の方がスチーマーを当てながらスキンケアしているのを見たのがきっかけでした。

スチーマーはだいたい量販店で2,3万で買えます。ちょっと高いクリームを買うぐらいの値段です。私にとってはお手頃な価格だとおもいます。

夜、化粧水、美容液、乳液、クリームをつける15分ぐらいずっとスチーマーを顔にあてています。

次の日の肌のしっとり感にびっくりしました。

水分がしっかり保持されているようなそんな状態なんです。もちもちとしていてメイクのノリがいいんです。

ほんとうに感動しました。鏡の中の自分の肌を見てにやにやしたのを覚えています。

それから毎日スチーマー&スキンケアをしています。

今はこめかみの乾燥からくる痒みも軽減されてきました。本当にうれしいです。

これからも続けていきたいです。

続きを読む

ニキビ肌にはオイルフルーのスキンケアが効果的。

1最近、顔のスキンケアではまっているのが、オイルフリーを心がけるということなんです。

そもそも、私はオイリー肌で常にニキビがどこかにできているような状態なんです。思春期からずっと、10年経った今でもです。

なので、どうにかしてニキビをなくすことができないかと考え、思いついたのがオイルフリーを心がけることです。

クレンジングもオイルクレンジングなどは一切つかいません。変わりにオイルフリーにリキッドタイプやジェルタイプなどを愛用しています。

洗い上がりさっぱりしていて、とっても心地よいんです。

そしてもちろんスキンケアもオイルフリーです。

潤いはヒアルロン酸やグリセリンなどで水分を保持するような潤い方ができるように心がけています。

全商品オイルフリーという化粧品メーカーに出会い今はそこのを使う続けています。

化粧水は2,3回繰り返して塗布するようにしています。ニキビができると何もつけたくない気持ちになりますが

逆で、水分はしっかり保持してあげるのがいいです。肌がやわらかくなり健やかに保たれるのでニキビができにくくなります。

何もつけないと悪化してしまうだけです。でもつける時は化粧水の成分などをしっかりチェックするのをおすすめします。

オイルが多いスキンケアは避けたほうが無難です。

かなりニキビは改善されてきました。

でも、生理の前や高脂肪のアイスクリームやスナック菓子などを食べるとどうしてもニキビができてしまうので注意するようにしています。

続きを読む

顔のスキンケア、洗顔について

洗顔は、顔のスキンケアの上ではとても大切です。間違った洗顔を繰り返すと肌トラブルを引き起こす原因にもなります。美肌作りの基本中の基本は、洗顔です。洗顔は汗やホコリ、古い角質など肌にとって不要なものを取り除き、後で補給する化粧水や乳液、美容液などを浸透しやすくする役目を担っています。メイクをしなかった日でも肌は汚れていますし、皮脂汚れは水だけでは落とせません。

皮脂などの古い油分は放っておくと酸化し、肌を老化させる大きな要因になります。お手入れ前にはきちんと洗顔料を使って洗顔し、土台となる肌をニュートラルな状態にしておくことが大切です。

am500_pe022洗顔料のタイプは、大きく分けて「石鹸成分のもの」と「合成界面活性剤を使ったもの」の2種類があります。ステアリン酸やオレイン酸といった「脂肪酸」と、カリウムやナトリウムといった「アルカリ」を反応させたものが石鹸成分です。石鹸成分は水で洗い流すと分解され、肌に洗浄力が残らないという特性があります。

界面活性剤とは性質の異なる2つの物質の境界面(界面)に働いて、界面の性質を変える物質のこと。分かりやすくいうと、水と油を混ざりやすくするためのもので、汚れを落としやすくする働きをもっています。自分にとって刺激の少ない種類で、少量しか配合されていないものを選ぶことが大切です。

洗顔でとても大切な事はすすぎです。しっかり洗い落とすことが必要です。

続きを読む

お肌のスキンケア方法

af9920062135w-300x225いつまでも美しい肌でいるためには、スキンケア方法を知っておかなければなりません。

そこで、オススメの肌のスキンケア方法を紹介します。

1.洗顔料や石鹸はしっかり泡立てる

洗顔料と石鹸を顔につける前には、泡立てネットなどで、しっかりと泡立てから顔に付けてください。

付ける時には、全体的に軽く乗せるぐらいに泡をのせ、1分ほどそのままにしてから、強くないシャワー、洗面器に溜めたぬるま湯で泡を洗い流してください。

洗い終わったら、タオルで優しく包み込むように顔を拭いてください。

なるべくはお肌を傷つけないことが大切です。

2.質のいい睡眠

人間は、寝ている時に古い細胞を新しい細胞へと生まれ変わり、新しい肌になっていきますので、そのためには、質のいい睡眠をとる必要があります。

質のいい睡眠とは、夜の10時には布団に入っておく、寝る前にスマホやパソコン、テレビを見ないで、淡い明かりで眠る準備をするなどが挙げられます。

これらをするだけで、美しお肌を保つことができます。

3.運動をする

適度な運動、ストレッチは体の新陳代謝を高め、血の巡りを良くし、老廃物を取り除いてくれます。

毎日、30分くらいの運動でいいので、内側のインナーマッスルを意識しながら、ジョギングやランニングを、美しいお肌を保つためにもやってみてはどうでしょうか。

運動をすることは、お肌の為はもちろん、体の健康にも繋がります。

続きを読む

ニキビ跡ができてしまった時のスキンケア。

07私は顔に常にニキビがある状態です。

小さなニキビ跡はいつでもあり、時々大きなニキビ跡もできる…という状態なのです。

ニキビ跡があると、本当に恥ずかしいです。

どこにいても視線を感じる気がします。

そこでニキビ跡をなくすためのスキンケア方法として、一日三回の洗顔は絶対にはずしません。

朝起きてからと、外出前の、入浴時の三回です。

洗う時にはぬるま湯で優しく洗って、肌を傷つけないようにします。

また、朝は水のみ、外出前と入浴時には異なる洗顔シャンプーを使うなど、色々な工夫をしています。

洗顔シャンプーを使いすぎても肌をいためるということと、色々な効果を取り入れたいということがあります。

そして大きなニキビ跡には、塗り薬を塗るようにしています。

洗顔後、化粧水や乳液をつけたあとには塗り薬を忘れずに塗るのです。

更にニキビがひどい時には、飲み薬も飲んでいます。

また、そもそもニキビができる限りできないようにするために、早寝早起きを気を付けたり、チョコレートを控えたり、ストレスをあまりためこみすぎないようにしています。

早寝早起きやチョコレートはできますが、ストレスはどうしても感じたくなくても感じてしまいます。

しかし、ストレスを感じても、すぐに発散するように心がけています。

ニキビができないように工夫してもできてしまった場合には、洗顔や薬で治す努力をしているのです。

これからも続けていき、小さなニキビ跡までしっかりなくしたいです。

その他のニキビ跡対策はこちらのサイト(ニキビ跡を治す方法 & 専用ケア人気ランキング【2015版】)を参考にしてみてください。

続きを読む