美容効果を高める事ができる入浴方法

お風呂が美容に不可欠なのは言うまでもありません。でもせっかくですから、入浴でより美容効果を高めましょう。ここでは美容効果を高める入浴方法について解説します。

am500_pe022・ホットドリンクを飲む

 入浴前にホットドリンクを飲むと良いでしょう。身体の中からじっくりと温める事ができます。その後に半身浴をすると外側からも温める事ができるので、汗をたくさんかく事ができます。肌の奥の老廃物が汗と一緒に出てくるので、お風呂に入った後の肌の感触が違います。

・クレンジング

 クレンジングは肌を濡らさないようにすると効果的ですが、数分入浴した後に肌の毛穴が開いた時に1度優しく水分を拭き取ってからクレンジングするとメイクの落ちが良いです。

・マッサージ

 お風呂に入っている時にリンパマッサージをしたら、老廃物や肌の代謝に効果的です。体温をある程度温めてからリンパマッサージをすると、体内で停滞していた血流やリンパの流れが良くなりますから老廃物の排出が促進されます。

・パックをする

 お風呂に入っている時にパックをするのもおすすめです。お風呂のスチーム効果と体温が上がっているのを利用して美容成分の浸透率を上げるやり方です。毎日使っている乳液やクリームなどを肌にぬって15分ほどたってから洗い流すとか、化粧水をシートマスクに含ませるとかいろいろ方法はあります。お風呂に入った後のしっとり感を感じとれます。お風呂を汚れを落とすためだけに使うのではなく、美容に役立てるようにしましょう。

続きを読む

エラグ酸が不足していませんか?

af9920062135w-300x225エラグ酸は足りていますか?ザクロに含まれるエラグ酸には美容効果があります。ここではザクロの美容効果について見ていきましょう。

・エラグ酸

 女性は美容に関心が高い事からシミやくすみに悩む人も多いでしょう。そんな人にはザクロがお勧めです。その理由はザクロに含まれるエラグ酸という成分が関係します。ザクロの果皮にはおよそ28%のタンニンが含まれますが、これを加水分解するとエラグ酸になります。エラグ酸は天然由来のポリフェノールの1種です。効果酸化作用があり肌を老化させることを遅らせて若々しい肌を保ちます。また、美白作用がある事は有名で透明感のある明るい肌を保つために美白化粧品に含まれる事が多いです。紫外線を浴びるとシミやそばかすになるのは知られています。紫外線を浴びた時肌の中ではメラノサイトという細胞からメラノ色素がつくられのですが、これがしみやそばかすの原因になります。メラノサイトに指令を送るのはチロセナーゼと言う酵素です。このチロセナーゼの働きを抑える事ができるのがエラグ酸です。メラノ色素がつくられのを抑えて白い肌を保ってくれといるという事です。

・ビタミン

 ザクロにはビタミンCや肌や粘膜の健康を保つ働きのあるビタミンB1やビタミンB2,

細胞が生まれ変わるのを助けるナイアシン、肌荒れを予防するビタミンB6などのビタミンが含まれています。より美しい女性に変身するためにもザクロが力強い味方になる事でしょう。

続きを読む